中華端末と技適について

日本国内では電波を出す機器は電波法の適用を受ける。
電波法にのっとり技術適合試験を通過しなければならない。
技適のない機器、ワイヤレスマウスやキーボード、海外スマホなどは違法となる。(電波法違反)

中華端末はもともとが日本での販売を目的としていないものが多く、技適がない商品も多数存在する。
では、それらは日本国内で使ってはいけないのか?

本来はもちろんいけない。しかし現実として外国人観光客は、自身の端末を持ち込み日本で利用している。これを取り締まると国際交流の観点で問題となる。

なぜなら、技術的には問題なく実際妨害電波等の実害が出ていないのに取り締まる事で、外国人環境客の足が遠退くという実害を発生させるからだ。

よって、現状はそれを黙認するような法改正を行い観光客は自由に端末を使え、日本在住者は使えないという状況が続いている。

これは技適の必要性を揺るがしかねない状況で、あつかいがデリケートである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です