中華端末のキャンペーンについて

現在のGearBestの優位性は、海外通販という点のみに依存している。

海外通販ゆえに安い。それだけでの集客を行おうとしている。はたしてそれでいいのか?

GearBestでもキャンペーンは行っているが、詳しくない人間から見てキャンペーン情報は「難しそう」と思わせる要因となっていた。

キャンペーン情報で一般客は中華端末を買う事はないだろう。

つまり、キャンペーン情報による集客は困難。

では、どうするか。

やはり手取り足取りでの購入疑似体験しかないだろう。

画像を沢山使っての疑似体験は一見有効だか読むのが面倒であり、それで嫌気される可能性がある。

この二律背反をどうすればいいのか。

部分的な詳細解説の積み重ね

もっとも有効なアプローチは、部分的な説明を地道に積み重ねることだろう。

例えば、配送方法についてamazonと比較しながら、各項目について解説していく。

日本語表示についてワンポイント的に解説する。

その積み重ねによって、GearBestひいては海外通販への心理的ハードルを下げることを目指そう。

最初は、amazonとの違いで挙げた点の詳細解説から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です